>

これでもう慌てない!鼻血が出たときの応急処置

止血に役立つ方法と止血後の処置

止血できないなら試してみよう

椅子に腰かけて顔を下向きにし、鼻をつまんで十五分待つ。
これで止血できれば良いですが、傷が大きいとそれだけでは止まらないことがあります。
なかなか止血できなければ、次のことを試してみると良いでしょう。

鼻をつまんで圧迫している最中、冷たいタオルや氷のうで、額から鼻にかけて冷やします。
こうすることにより、血管が収縮するので、止血の時間短縮に役立ちます。
また、指でつまんで圧迫する代わりに、清潔な脱脂綿やガーゼを鼻につめて安静にすることも、止血に効果的です。
つめた物が血液で赤く染み込んだら、何度かつめ替え直してください。
そして、血が止まったと思っても、慌てて抜いてしまうと、また出血してしまうかもしれませんので、しばらくはつめたままにしておきましょう。

鼻血が止まった後は

鼻血が止まっても、すぐに動かないようにしましょう。
衣服を緩めて体を圧迫するものを取り除き、楽な姿勢を保ってください。
止血後なので、仰向けでも大丈夫です。
そして、できれば涼しい場所に移動しましょう。
鼻血は、キーセルバッハという鼻の部位からの出血が九割方で、そこは血管が密集している上に粘膜が薄く、ちょっとした刺激ですぐに傷ついてしまいます。
ですから、血が止まったからと言ってすぐに激しく動くと、また出血してしまいますので、安静にすることが大事です。

このサイトで述べた止血方法で大概の鼻血は止まると思いますが、もし三十分以上止まらなかったり、繰り返し鼻血が出るようになったりしたら、救急車を呼ぶなど、医療機関にかかってください。



ページ
Topへ